7番チャクラの開発に入って起きた生徒さんの変化

谷山です。

何だかんだ「チャクラ」とかって最近はけっこう聞く言葉になりましたけど、実際にチャクラを開発した効果とかって実感した方いらっしゃいますかね?

今日は実際に

「チャクラ開発」

をされていて「7番チャクラ」の稼働が上がった生徒さんに起きた変化などのお話を書いてみようと思います。

パワー不足で仕事が出来なくなってしまったSさん

Sさんはご結婚されている主婦の方ですが、エナジーラボに通い始めた当初はお仕事はしておらず専業主婦をやられていました。

以前はお仕事に就かれていたそうですが、繊細な感性から周囲より様々な影響を受けすぎてしまい「ウツ」っぽいような症状が出てお仕事を続ける事が出来なくなってしまってたとの事です。

新しいお仕事を始める氣力も枯渇してしまっていた所で「エナジーラボ」を知り、門を叩かれたそうです。

初お披露目!ウチのロゴ

そんなSさんの当初の目標は

「氣力をつけて新しく仕事に就きたい」

という目的でしたが、細かなお話を聞いていると

「仕事をして家計を助けてご主人の力になりたい」

というお考えがあり、何とも甲斐甲斐しい方なんです。

そんな風なお話を聞いてしまったからには一刻も早くSさんがお仕事に就ける様に全力でサポートをするしかねーぜ!

Sさんは元々、「生一本」的な氣質を持っている方なので

「これだ!」

という目的があればそこに真っ直ぐ進むようなタイプです。

ですので、チャクラと氣脈の開発を進めていくうちにパワーもついてきて、比較的早い段階で再びお仕事を始める事が出来るようになりました。

パワーがつく事で日常生活を問題なく送る

そんな感じで再びお仕事を始めたSさんですが、仕事を始めた当初は以前の職場での嫌な記憶も甦ったりして新しい職場に馴染むまでに多少の時間はかかったそうです。

新しい職場のお話も色々と聞かせて貰ったのですが、なかなか大変そうな人間関係の中、Sさんは頑張っていました。

そんな風にお仕事を頑張りながら呼吸法のレッスンを続けていくうちにSさんのチャクラ開発も「7番チャクラ」に入り、以前に比べるとパワーも相当ついていき日常生活は問題なく送る事が出来るようになってきました。

チャクラについて
こんにちは 谷山です。 「チャクラ」って今では知っている人も多くなってきましたが、効能や使い方についてはまだあまり浸透していない様に思います。 今日はその「チャクラ」について書いてみます。 チャクラって何? このブログをご覧...

そんな感じで過ごしていたSさんですが日常生活の中でとある「疑問」を感じるようになったそうです。

7番チャクラを開発して感じた日常の中の疑問

Sさんもかなりパワーがついて日常生活を送るのにも少し余裕が出てきた頃、職場などで他の人を見ると何となく違和感を感じるようになったそうです。

厳密には

「世の中を取り巻く何かに対して疑問を感じた」

という方が正しいでしょうか。

これに関しては人それぞれ意見があるし、下手をすると「陰謀論」的な発想に受け取られてしまうかもしれませんが、皆さん今の世の中に生きていて

「この社会はシステムに対して疑問を持たせないように作られている」

という様な事を感じた事はないでしょうか?

大勢の人間が生活する「社会」ですからルール(システム)が生まれるのは必然としても、本当であればその「ルール」は必要に応じて変化していくものです。

でも、その「ルールを作った側」の人達からしたら自分達が作ったルールは変えられたくない訳です。

ではどうすれば自分達が作ったルールを変えられなくて済むのでしょうか?

それは簡単で

「ルール(システム)自体に疑問を持たせないようにすればいい」

という風になる訳です。

話が大きくなってしまいますが、こういった事は人種単位、国単位、世界規模で行われている事は間違いない事だと思います。

この件に関して詳しく書くと話の本筋から離れてしまうのでここら辺にしておきますが、1950年代の社会学者が作った流行語が非常に分かりやすくその事を表しています。

「テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴番組が毎日ずらりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関によって、『一億白痴化運動』が展開されていると言って好い」                   大宅壮一

Sさんは「7番チャクラ」が活性化する事で、全身のエネルギーの流れがスムーズになり「何となく」世の中に対して違和感を感じられるようになったんですね。

Sさんのこれからが楽しみ

そんな感じで今までには感じなかった

「世の中への疑問」

を感じ始めたSさんですが、僕的にはこっからの変化が本当に面白くなっていくと思っています。

何故なら、「疑問を抱く」という事は「自分の殻を破る」過程でどうしても必要になってくる事であり、「疑問」は自分を成長させる為に必要な要素になっているからです。

こういった場合、最初は少し戸惑ってしまうかもしれません。

「今ままでの常識」に対して「?」を持ってる訳ですから。

でも、その抱いている「疑問」に対しての答えがその人の「生き方」になってきます。

Sさんが「疑問」に対してどのように考え、どの様に感じ、どの様な答えを出すか、という事が

「本当の自分で生きる」

という事なんじゃないかな~、と思います(Sさんに限らずだけど)

Sさんは最初

「氣力不足で仕事が出来ないからどうにかしたい」

と思ってエナジーラボに来られました。

そして、当初の目的は達成できたのですが「行」を続けるうちに世の中に「疑問」を抱くようになりました(言い方を変えれば潜在的に持っていた「疑問」が「行」を通して開花したとも言えます)

人生って本当に何がきっかけで変わるか分かりません。

でも、生徒さんのこういった変化はたくさん見てきました。

僕はそういった人達のサポートが出来るのがとても楽しいです。

「変化しない」

というのはとても楽なんです。

でもそれは

「成長しない」

と同義です。

僕ら「大人」は特に変化を嫌う事が多いですが、自分自身の人生を本氣で考えたら「疑問」を抱き「変化」していくという事は大事な事なんだと考えています。

皆さんもどんどん「変化」していって欲しいです。

さあ、皆さんもレッツ!チェンジ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました